スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏ロボ2016!!

こんにちは、PRFです。

8/27に九州夏ロボコン2016が行われ、今年も熱い戦いが繰り広げられました。

詳細は追記にて。
※プライバシーに関わるため、写真は顔が詳細に判別できない程度に圧縮しています。
もし、事情で画像を消してほしいという方は記事のコメントにその写真の番号を書いて頂けるとこっそり消しておきます。

今年の夏ロボには、

大分大学
鹿児島大学
九州職業能力開発大学校
崇城大学
長崎総合科学大学
西日本工業大学
(敬称略 五十音順)

の皆さんが参加してくださりました。

まずはいつもと変わらないライントレース部門から。
来年はフィールド新しく…できるといいなぁ

1_2016

2_2016

3_2016

4_2016

5_2016

6_2016

7_2016

結果はスピードを追求した崇城大学さんの優勝でした。おめでとうございます。

少し休憩を挟んで、メインイベントの一般部門です。
この部門は今年新設された部門で、参加者のさらなる技術向上を図るべく、近年の学生ロボコンにのっとり
手動1台と自動1台でタスクをこなしていく部門です。(一応手動1台だけでも出場できます)
だけど、次のNHKはロボット1台なんだよなー

ただ、いろいろ要素を詰め込みまくった結果、ルールが超煩雑かつ高難易度になってしまいました…
とはいえそこはロボコニスト。当日は各チーム様々なアイデアでタスクを達成しており、
見ていて楽しかったです。

8_2016

9_2016

10_2016

11_2016
 ↑優勝の瞬間!!(審判のY君が思いっきり映っていますが、勤めを果たした結果です。許して。)

優勝は西日本工業大学さんでした。圧勝でしたね。おめでとうございます。

DSCN9279_20160829205329403.jpg
 ↑毎年恒例(?)の集合写真

その後表彰式を経て、レセプションでした。
DSCN9282.jpg

いろんな場所で会話の輪が出来ており、よかったのではないかと。

さて、我が九大はというと、手動部門に2チーム出場し、
うち1チームが決勝トーナメントに進出しました。
直前までマシンの製作をしていた割には、健闘したのではないでしょうか。
今回の大会で得た反省を、NHKなど今後の活動にしっかり生かして欲しいです。

僕は今大会運営に回っていたのですが、先述したルールの件など
いろいろ反省点があったので、それらを今後の大会に生かして、
参加者の皆さんにより楽しんでしていただけるような大会にしていきたいと思います。

コメント

初心者のロボット製作体験の件
九州大学ロボコンチームKURT 様
初めまして、福岡市の旅行会社CYRです。
KURT様のブログを拝見させていただきましてありがとうございます。
さて、来年1月末~2月中旬頃、中国から子供の冬科学キャンプ企画をしていますが、子供達(20~30名、年齢未定)に半日コースで初心者のロボット製作体験を参加させていただければと思いますので、メールを差し上げました。
お忙しいところ、恐縮ですが、ご返事をいただければ嬉しいです。
宜しくお願いします。

㈱CYR
担当:エン イレー
携帯:080-7007-4098
LINE:08070074098

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。